NMNとは何か

夢の若返りサプリと呼ばれる成分をご存知でしょうか。当初は、糖尿病のマウス実験で治療効果が劇的であったNMNは、その後の研究により糖尿病だけではなく、脳や目だけでなく様々な臓器などの老化に伴う症状の改善に効果を発揮すると判明しました。それは、マウスの実験においては、NMNを投与された個体の器官は年齢や罹病にかかわらず、ほぼ若い頃の状態にまで修復されている程でした。

NMNそのようなNMNは、正式名称をニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドといい、酵母で生成したものには毒性がないため、食べたり皮膚につけることもできるため、ローションや石鹸などの美容製品を含む日用品として使用することが可能です。そのため、薬よりも認可のための障壁は高くない美容製品においては、サプリなどとして実用化されています。

魔法の薬のようなNMNは、ビタミンB3(ナイアシン)がもととなる物質で、NADという人間の身体の機能を保つための物質に変換されるものです。老化と共に、各臓器でNADが減少するとともに、そのもととなるNMNが、体内で生成される能力も減少してしまいます。

そもそも、ナイアシンにはどのような働きを行っているのかご存知でしょうか?エネルギーの代謝やアルコールの分解などの補助を行う酵素の働きがあったり、消化器系・神経系・循環系の働きを助けたりと、重要な働きを行っている栄養素で魚介類ではたらこやカツオ、果物であればアボカドやパッションフルーツ、野菜ではひらたけや落花生などに生の状態で多く含まれています。熱には強いですが水に溶けやすい性質を持っているため調理の際には注意が必要となります。そのような働きを持ったナイアシンであるから、たくさん食べればNMNに変換され効果が出るかといわれると疑問符が付きます。

このようなNMNについて、こちらではさらに掘り下げて紹介いたします。NMNの可能性やNMNが成分に含まれた商品を検討されている方にお役に立てると幸いです。

(参考HP)NMNSOMA…NMNサプリ

Pocket