NMNの効果

健康に生活したいという願いは、だれでももっているものです。健康といっても病気をしないというだけでなく、若々しく健康にいることが最大の目標でしょう。しかし、若々しく健康でいることと若作りでいるのは大きく違います。

効果そのような中、2016年に抗老化作用のあるNMNに関する論文が発表されました。ニコチンアミドとニコチン酸の総称であるナイアシンから作られるニコチンアミド・モノ・ヌクレオチド(NMN)は、マウス実験において2011年糖尿病に関し、劇的な効果を上げました。その後さらに、眼や様々な臓器だけではなく、脳などまでの老化による衰えによる症状を改善することがわかりました。中でもエネルギーの代謝においては、月齢が17カ月のマウスは、約6カ月若返ったのと同じくらいとなりました。人間で言うならば、初老の方が働き盛りの年齢の機能に戻るようなものでもあります。それは抗老化作用がNMNにはあるという裏付けでもあります。

それにより、むやみやたらに要介護の人を増やすのかという意見が聞かれます。しかし、寿命を延ばすということと、健康寿命を延ばすのでは意味が大きく異なります。加齢は誰にも止めることはできません。しかし、健康に天寿を全うし、人生を謳歌して亡くなる「ピンピンコロリ」を目指せる、超高齢化社会に向けてそのような期待ができる、NMNはそのような物質です。

Pocket